自宅の筋トレ道具で初心者にオススメはマット・ダンベル・ポール!

自宅時間を活用して筋トレに励んでいる方は結構いるんじゃないでしょうか。始めたばかりの方でも運動を続けることで徐々に筋肉は成長します。しかし運動が慣れてきた方は負荷を少しずつ上げていかないと筋肉の更なる成長が期待できません。

自宅筋トレは取り組み易い反面、負荷の上限が自分の体重になってしまいます。足りない負荷を補うために回数や時間を増やすことも良い方法だと思います。それ以外だと重りを使うか、筋肉の可動域を広げることでも負荷が増やせます。

自宅で使える筋トレ道具は小型から大型のものまで様々あります。でも中々広いスペースを確保することが難しいですよね。そこでスペースを取らずに使い道も幅広いヨガマット・ダンベル・ストレッチポールをおすすめします。

本文ではそれぞれどんな用途で使えるかを踏まえて詳しく紹介してきたいと思います。

体の安定感が増すヨガマット

運動中に地面と体の間に敷くことで手足等の滑りを防ぐことができます。腕立て伏せ・プランク・ランジ・ストレッチなど用途は色々です。また腹筋・背筋のトレーニング時も床に骨が当たって痛くなることを防げます。

マットの厚みは1~2mm、3~5mm、6~9mm、10mm以上と様々あります。薄いほど滑り防止の効果が高いです。厚みはイコールでクッション性になりますが、厚過ぎると運動時の安定感が損なわれます。

ジムなどでは3~5mmタイプのものが良く使われています。初めて購入を検討される場合は3~5mmか6~9mmで検討すると良いでしょう。

また素材によっても耐久度や肌触りが変わります。金額と個人の好みが分かれやすい所です。

胸筋・上腕・太ももの筋トレで使えるダンベル

重量が固定式と可変式があります。また金属剥きだしとカバーで保護されているタイプがあります。結論から言うと可変式でカバーされているタイプがおすすめです。

始めて買う場合は自分に最適な重量が検討付かない場合が多いです。また使い始めてみて、上げる重量が上昇し易いのも初めの頃です。固定式を都度追加購入するのは金銭的にもスペース的にも厳しい場合が多いでしょう。

ダンベルは全身の筋トレに使うことができる優れた道具です。筋トレが習慣化してきた人であれば是非1つ可変式ダンベルを持っておくことをおすすめします。

肩回りの可動域を広げるストレッチポール

名前の通りストレッチに使用し、猫背や腰痛改善に効果があります。自宅筋トレ後のクールダウンでも使用できます。また筋トレにも使用できます。

大胸筋を鍛えるダンベルプレスでは背中に敷くと肩回りの可動域が広がり大胸筋をより刺激できます。また腹筋を鍛えるクランチやレッグレイズ、よりインナーマッスルに刺激を与えることができます。

これも素材や長さによっていろいろな商品があります。頭の先から尾てい骨までの長さをカバーする商品を選びましょう。またカバー付きのタイプは手入れもできて長く使うことができます。

まとめ

紹介した3つのアイテムは自宅で使える筋トレ道具の中でも安価なものです。しかし素材によっては高価なものもあります。素材にこだわるのか、見た目にこだわるのか、選び方は千差万別です。筋トレ気分の上がる道具を揃えて、自宅筋トレを充実させていって下さい。

おすすめの記事