筋トレ前の栄養補給には炭水化物とタンパク質を摂って筋肉の成長を補助!

目的がボディメイクでもダイエットでもトレーニング前に適切な栄養補給を
行わないと筋肉の成長が阻害され逆効果になってしまいます。

その理由は筋肉を動かす際に使うエネルギーが血液中に不足していると、不足分をどこかから補給しないといけなくなり、その際に筋肉等が分解されてエネルギーとして使われてしまうのです。

つまり、筋肉を鍛える為のトレーニングが逆に筋肉を弱らせてしまうのです。そんな事態を防ぐ為に是非運動前の準備として補給しておきたいのがたんぱく質と炭水化物です。

ここではこの2つの役割と摂取しやすい食べ物を紹介していきます。

たんぱく質から合成されるアミノ酸が筋肉の修復を促進する!

筋トレをすることによって筋繊維が傷つけられます。これが筋肉痛の原因でもありますが、傷ついた筋肉は修復しなければなりません。

運動前に前もってタンパク質を摂取しておくと、筋トレ中に筋肉が傷ついていく瞬間から回復のための栄養素が補給されていくことになります。

たんぱく質と言えばお肉ですが、お肉からプロテインを摂取しようとする場合は3時間以上前に食事を済ませる必要があります。

そこまで計画を立てることが難しければ1時間~30分前にプロテインやタンパク質を多く含む栄養ゼリーを摂取しても良いでしょう。

エネルギーに変わり易い炭水化物で筋トレ時の燃料を補給する!

昨今の糖質制限ダイエットの影響で炭水化物と聞くと拒否反応を起こす
人は少なくないでしょう。しかし炭水化物から合成される糖質は脂肪やタンパク質と比較してもより早く体に吸収されエネルギーになってくれます。

筋肉を大きく収縮するのにはたくさんのエネルギーを必要とします。事前の
栄養補給が十分でないと、体の作用として筋肉を動かす燃料のグリコーゲンを筋肉を分解することで取り出そうとします。

これを防ぐためにもエネルギーとして速攻性のある糖質が必要なのです。

おにぎりや干し芋、和菓子は脂質が少なく糖質の量が多いの補給源として優秀です。消化にある程度時間が掛かるので1時間以上前には食事を済ませると良いです。

また糖質が必要だからと言っても過剰に摂取するとカロリーオーバーになり減量を目標にしている人には障害になってしまいます。カロリー計算を行った上で、摂取する糖質を選んで下さい。

まとめ

たんぱく質は筋肉の回復薬、炭水化物は筋肉の燃料になるとても大切な栄養素です。食事の制限や栄養の偏りによって筋トレの効果を失ってしまわない為にも、サプリメントも活用しながら体作りを行っていきましょう。

おすすめの記事