腹筋を鍛えると見た目改善以外にもパワーアップや腰痛対策になる!

腹筋を鍛えるメリットは引き締まった体とシックスパックを手に入れることだけではありません。運動の機能の向上や腰痛の予防といったうれしい効果もあります。

ここでは腹筋を鍛えることによって得られるメリットを紹介していきたいと思います。

きれいなシックスパックは肉体美の象徴


きれいに割れた腹筋は手に入るものなら男性であれば誰もが憧れるものですよね。また女性でもうっすらと筋の通ったお腹はモデルの様で憧れがあると思います。

きれいなお腹周りの筋肉は健康美の象徴になります。また筋肉が引き締まることで姿勢が改善されます。

良い見た目は周りの人にも自慢でき、自分を好きになるきっかけにもなりますよね。

腹圧が増して筋トレ時により力を入れやすくなったり関節の可動域が広がる


皆さん日常生活の中で重い物を持ったり、走ったりと力を出す必要がある動きをする場合に踏ん張りますよね。

この踏ん張りこそが力を入れて腹圧を上げている状態です。腕の力だけでは持てない荷物でも踏ん張ることで持ち上げられますよね。その様に腹圧は力を入れる為にとても重要な役割を果たします。

そして腹圧に関わる筋肉は主にインナーマッスル達なのですが、お腹の上腹部・正面・下腹部・側面・背面にそれぞれ筋肉が分かれてます。これらの筋力が高まることで力を入れた際によりおおきな力が出せるようになるのです。

骨盤の前傾や内臓の下垂を予防して腰痛の緩和に繋がる


前段で触れた姿勢の改善や腹圧にも関連することなのですが、腹筋の力が弱いとお腹の中にある内臓達の位置がが下にずれてしまい、それによって内側から押し広がる力が掛かってしまいます。そうすると下腹部がポッコリお腹になってしまうことがあります。

ポッコリお腹になった影響で骨盤の前傾が発生し、背骨の腰椎の部分がお腹側に引っ張られます。それによって腰椎が歪んでしまい圧迫された椎間板が神経を刺激することで腰痛に繋がってしまうのです。腹筋を鍛えることはこういったことを抑えることにも繋がります。

まとめ

腹筋は体の中心部に位置しているだけあって、鍛えることでいろいろな効果が期待できる大切な筋肉です。効果的な筋トレは今後紹介していきますので、興味を持った方は是非とも挑戦してみて下さい!

おすすめの記事