大胸筋の筋トレは男女関係なく肉体精神面でうれしい効果がいっぱい!

大胸筋は体の筋肉の中でも大きく、鍛えることで変化が表れやすい部位です。

そして現れる変化は肉体面のみならず精神面にも及びます。

ここでは大胸筋を鍛えることで得られるメリット達を紹介していきます。

男性は胸板を厚くし、女性はバストアップできて自分に自信が持てます!

バストアップして女性らしさを手に入れる

人間の体は骨を中心とし、その周りに筋肉があります。その上に脂肪と皮膚が重なるように出来ています。

女性の胸は脂肪が9割で残りが乳腺(母乳を作る器官)と言われていますが、脂肪の下には筋肉が存在していることを考えると、鍛えることで筋肉に厚みが増します。

筋肉のの成長によって下から押し上げられる形でバストアップにつながっていきます。また押し上げられることで肌にハリが出て、たるみを解消できる効果も期待できます!

胸板を厚くして男らしさ手に入れる

ゴリマッチョでも細マッチョでも、男なら筋肉質できれいな逆三角形の肉体には誰もが憧れることだと思います。

痩せ型で凹凸の無い体では視覚的に逆三角形を作ることが難しい為、体に高低差を付ける必要があります。

大胸筋は正面から見るのでは高低差が分かりませんが、そこでお腹周りは平らに、胸は厚くを実現すれば横から見た際にきれいに逆三角形を作ることができます。

また肩や肩甲骨周りを鍛えることでも背中側に厚みが増すので、更にきれいな見た目を演出できます。

脳内ホルモンによって幸福感が得られ、また頑張る自分を好きになれる!

セロトニンの働きで自律神経を落ち着ける

セロトニンはノルアドレナリン・ドーパミンと合わせて三大神経伝達物質と呼ばれる脳内ホルモンです。

ノルアドレナリンには興奮を促す働きがありますが、セロトニンはその作用を抑える働きがあるのです。色々な原因からくるストレスで神経が興奮状態に陥っていたとしても、セロトニンの作用を理解し利用すれば自分をコントロールできるでしょう。

セロトニンの分泌を促すには一定のリズムで取り組むことのできる運動を最大でも45分程度行うことが良いとされています。

大胸筋を鍛える腕立て伏せは長時間行うものではなく、かつ呼吸に合わせて一定のリズムで行うことができるので良い運動と言えます。

決めた目標に向かって日々取り組むことで自己肯定感を上げる

これは筋トレに限った話ではありませんが、自己肯定感を上げる=自分を好きになるということになります。

目標に向けて取り組むことで頑張る自分を好きになれます。また大胸筋は
見た目の改善が筋肉の中でも顕著に出る部位の為日々の努力の結果が表れやすく、頑張れた自分を更に好きになれることでしょう。

まとめ

大胸筋を鍛えるメリットを知って少しは興味を持って貰えたでしょうか?

運動にも色々ありますが、大胸筋を鍛えることにこんなにもメリットがあるなら、一度やってみる価値はあると思います!是非チャレンジしてみて下さい!

おすすめの記事